BLOG > GENERAL

甲斐犬は優しく大人しい犬です。


20141219-7178853875_a556f44fdc_o.jpg

甲斐犬は「一代一主、他人に慣れず」なんてことが言われてますが、全くそんな事はありません。おそらくさきの一文は犬種登録に際して当時の方々が盛り上がって書き加えてしまった文言なのだろうと考えています。もちろんそういった一面が無いとは言いませんが、そういう特性であれば柴犬の方が強いのではないかと考えます。
また甲斐犬は怖い犬というイメージを持たれている方も多いと思いますが、可愛がられて育った甲斐犬は家族はもちろん周囲の人達や他の犬にもものすごく優しく接する事のできる犬で、散歩途中であう甲斐犬の多くは他の人や犬にもとても優しく接しています。
しかし甲斐犬のもつ風貌故か「甲斐犬は怖い犬」という事を好んでか、そういう誤ったイメージで育て方躾け方をされてしまうと、「家では息子が甲斐犬を2匹飼ってるけど、メスはまだいいけどオスは側にもよれない、同じ甲斐犬でこんなに違うものかしら・・・」とご家族が嘆かれるほど、飼い主以外の家族も近寄る事のできない様な本当に怖い犬になってしまうこともあるようです。
散歩途中で声をかけてくれる多くの方の話を聞くに、思うに今は甲斐犬のイメージの過渡期になのだろうと考えます。昔はガラの悪いのが連れてたとか、吠えられた、噛まれた、ケンカして腹を割かれた等物騒な話も伺います。加えて獣医さんまで甲斐犬は気が強くて大変でしょうとか心配してくれるのだが、家の甲斐犬と同様に甲斐犬を飼っておられる方のブログで見る甲斐犬はみな他の犬たちとも仲良く過ごしているようです。
散歩中に様々なサイズの犬と顔を合わせますが、多くの小さい犬が集まる輪の中でおとなしく遊ぶ甲斐犬を見て、甲斐犬のイメージが変わったと言って下さるのがとても嬉しいです。甲斐犬は本来より決して怖い犬ではありませんし、飼い主以外の言う事は聞かない、飼い主以外は触らせもしないなどという犬ではありませんので、散歩途中であった際には怖がらずに遊ばせてあげてください。
「一代一主、他人に慣れず」、確かにちょっとかっこいい響きですが、この文言からイメージして甲斐犬を飼おうとするとがっかりすると思います。また逆にこの文言から甲斐犬を飼う事をあきらめたということのないよう、大人しく優しい甲斐犬に接する機会が持てるよう期待します。



追伸
甲斐犬は大人しい優しいとばかり書きましたが、全くのよその人が門を開けて入ってきたりしたら、それはそれは頼りがいのある犬となりますので、くれぐれもご注意下さい。でも宅急便の人が来た時とか来客時とか家族が応対している人に対しては初対面でもとても大人しくしっぽをふって寄ってきて、滞在中も静かにしています。このあたりの切替は素晴らしいなぁと思います。

写真の2匹の甲斐犬、左の黒いのはタロー、虎模様のは散歩途中であうカイ。
ともにそれぞれの飼い主とは全く別の人の前で並んでオスワリしているところ。

LINEで送る
PREV : jquery.bxSliderのIE7でのバグというか注意
NEXT : Kilax : Nucleus HTML5 w/Responsive Skin<br/>based on Less Framework 4

ウィニング競馬は植田萌子アナでOK


土曜日にやってる競馬中継番組、テレビ東京のウィニング競馬の司会が井森美幸と須黒清華アナから、植田萌子アナウンサーとどこから沸いてきたのかジャングルポケット斉藤慎二に変わったが、いきなり司会変更にな...つづきはこちら