COLUMN > GENERAL

DNSポイズニングされたら


自分の管理するウェブサイトへアクセスすると全く意図しないサイトへリダイレクトされてしまうようになっていた、これがDNSポイズニング。ある日突然これが起こる。
DNSポイズニングの詳しい説明についてはこれまでにも見られるのだが、実際そうなったらどうすればいいのかという事後処理については語ってるところがない。
ウェブサイト管理者としてどうするか、まずはパニックを起こさずに冷静に状況を確認する。
通常のDNSポイズニングの場合、ガンブラーウィルス系にやられた場合と異なりサーバファイルは無傷であるので、パニックを起こしてコントロールパネル等からファイルを削除してしまい、無駄にウェブサイトの復旧を遅らせてしまわないようにしたい。またDNSポイズニングはDNSサーバが標的となる事から、多くの場合、そのDNSサーバをメインにしているサイトの多くが同じタイミングで被害が発生するので、自分のウェブサイトが利用しているホスティングサーバを同じように利用している他のサイトの管理者と連絡が取れるならば情報交換を行った方が良いだろう。



LINEで送る
PREV : 富士箱根測量オフィシャルブログが面白い
NEXT : ダンス教室の子どもの挨拶はおかしい

最近のAppleのウェブサイトはテキスト画像だらけ


なんだか最近のAppleのウェブサイトは画像テキストを多用している。一時見出しの大きな文字もOS付属フォントで表示していたと思うのだが、ここのところは画像テキストだらけだ。 OSのバージョンで出し分けている...つづきはこちら