BLOG > GENERAL
FCV

トヨタのFCVは売れない


トヨタが2014年度内に発売開始すると発表した燃料電池車FCV「MIRAI」だが、外観はほぼ発表時のままらしい。これは売れない。ミライってなぁ、無理だよ。無理。水素ステーションが十分に完備されていたとしても無理。こんな変な顔かたちのデザインのクルマは売れない。こんなの彼氏が乗ってきたら彼女はドン引きだろう。あたらしいもの好きのお父さんが買ってきたりしたら家族の大ブーイングもんだと思う。
ガソリンとモーターで走るハイブリッド車の初代のプリウスは補助金等もあってそこそこ売れたが、外観にとんがった部分がなかったこともあって、普通のガソリンエンジンのクルマと何ら変わりませんよ、心配ないですよと考えさせることができた。しかし、この燃料電池車ミライはそういったところは全くなく、買う方はよほど水素好きか、酔狂な方、クルマのデザインの好みがかなり一般人と離れたところの人でないとだめだろう。
売り先にと官公庁など真っ先にあげられると思うが、その場合にもこのおかしなデザインが足を引っ張る。だれがどこにいくのに乗るクルマなのかまったく見当がつかない。これが日産の電気自動車のリーフだったり、三菱の電気自動車のアイミーブだったり、もちろんトヨタのハイブリッドのプリウスならいくらでも乗車の用途はあげられるだろうし、様々な場面においても違和感はなく、市民等民間からの税金無駄遣いするな系のクレームもほとんどないだろうと思われるが、このFCVミライはフロントマスクはバットマンカーかよといいたくなるほどの大口あけてガオォー、サイドは妙なラインを流して、おまけにリアはハッチバック。こんなクルマに職員がのるか?
トヨペット店やトヨタ店など売る方の販売店の営業マンも、よほどの特典でもなければ売る気になれないだろうと思う。日産のリーフは電気自動車であったけれどもなんとかこうにかかろうじて数出せたのは、デザインがふつうだったから。トヨタのFCVはこのデザインなら絶対に無理。
というか、そもそもトヨタはこのFCV売る気さらさらないんじゃないだろうか、燃料電池車やってますよと発表したかっただけなんじゃないのか、なんで発表するのが副社長なの?
しかもテレビCMだってプラグインハイブリッドのプリウスを「未来はこれが主流になるよ」って歌っちゃってる。



toyota.jp FCV

LINEで送る
PREV : 甲斐犬:甲斐犬の性格と行動
NEXT : 小栗旬の映画ルパン三世

ウィニング競馬は植田萌子アナでOK


土曜日にやってる競馬中継番組、テレビ東京のウィニング競馬の司会が井森美幸と須黒清華アナから、植田萌子アナウンサーとどこから沸いてきたのかジャングルポケット斉藤慎二に変わったが、いきなり司会変更にな...つづきはこちら